2007年07月07日

岩村力指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団

岩村力指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団の公開リハーサルに行ってきました。(尼崎アルカイックホールオクト)

明日の「芸術文化センター管弦楽団第7回名曲コンサート」のリハで、公開された曲目はベートーヴェンの「田園」の4,5楽章とレオノーレ3番。

岩村先生のプレトーク(挨拶)があり、リハが始まりました。

この岩村先生、熱く情熱的に指揮をされます。かといって無駄な動きはありません。う〜〜ん、ブラボー!

こういう見学の場合、自分は当事者ではありませんが、当事者の身になってみています。何をどうするのか、どこで止めるのか、どう発言するのか。

いい演奏です。岩村先生がどこで止めるのか、何を言うのか、さっぱりわかりません。それだけに勉強になります。

ある程度、進んだところでストップ。岩村先生の発言に目を凝らし耳を傾けました。あらびっくり!!

英語です。

そらそうだっ!このオケは世界中から優秀な若手プレーヤーが集まっているのですから。

指揮者は母国語より外国語で練習した方がやりやすいそうです。変な気を使わなくていいからだそうです。(岩城宏之先生の本に書いてありました。)

「田園」に続いて「レオノーレ序曲」

私的には「レオノーレ序曲」がよかったです。

岩村先生とは以前友人の紹介で会ったことがあったので、終了後、ご挨拶。
リハでお疲れだと思うのですが、目がらんらんとして情熱的。それでいて謙虚で誠実なお人柄。素晴らしい指揮者から元気を頂きました。

本番聴きに行けるとよかったのですが、完売状態です。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by みやかつ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートに行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック