2017年05月31日

N響 大阪公演 素晴らしい!

N響 大阪公演に行ってきました。
5A1A6E29-121F-4C4D-BFAB-9F029FEA495D.jpg
指揮:井上道義
ピアノ:小林愛実
ビゼー/「アルルの女」組曲 第1番
モーツァルト/交響曲 第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」
モーツァルト/ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488
ビゼー/「アルルの女」組曲 第2番

アルルの女で挟んだ、古典時代の様なプログラム。

井上氏のステージングは、大阪を意識しているのかサービス満点でした。音楽はマエストロの余裕で、ハフナーが特に印象的でした。井上氏のことはあるオケプレーヤーから変わった人と聞いていましたが、そんな感じではなく"粋な自由人"ですね。

N響は圧倒的な音量と技量でした。今まで日本で聴いた中では、断トツです。
井上氏もアンコール前のトークで言っていました。今のN響はいい状態です、と。

51BB3CD7-CF12-4A5D-9D96-EF78C8655FDC.jpg

3月 読響
4月 都響
5月 N響

短期間に以上の在京オケを大阪で聴き比べができたのはラッキーでした。読響は、2016年度の大阪定期会員で、3回聴きました。今更ですが、指揮者とそのリパートリーの重要性を実感します。
posted by みやかつ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートに行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック