2015年12月17日

懐かしの番組 「音楽の広場」ゲスト:ゲーリー•カー(コントラバス独奏)私の原点です。



懐かしい番組を見つけました。

「音楽の広場」
司会:芥川也寸志、黒柳徹子
東京フィルハーモーニー交響楽団
ゲスト:ゲーリー•カー(コントラバス独奏)

NHK総合で金曜の19:30からやっていたように覚えています。

中学3年の春に受験を控えていたにもかかわらず、
ヴァイオリンからコントラバスへコンバートしました。
その矢先に、ゲーリーカーが出演するこの回を偶然見て、
「コントラバスって、高い音もでるんや!!」と驚きました。
燃えましたね!ソロやりたい!
これを見てなければ、音楽にはまっていなかったかもしれません。

家族で見ていました。
ゲーリーカーが自転車でコントラバスをリアカーに乗せて運んでくるのシーンを見て、
母が、「リアカーをお父さんに作ってもろて、それに楽器乗せて練習に行ったらええやん。」と。それで、父にリアカーを作ってもらい、合奏練習に通っていました。
(鉄製のフレームでタイヤはゴム製のものでした。忙しい中、いろいろと試行錯誤して製作してくれた様です。)
そんなリアカーにコントラバスを乗せ自転車で引っ張って京都市内を走りました。
大きいので歩道は走れず、車道を走りました。
当然、片側一車線の道路はすぐに渋滞してしまいます。
何度も止まって、車をやりすごし時間をかけて練習会場に行ったことはいい思い出です。
自転車にリアカー、それにコントラバス、珍しかったのでしょう、街の人々は、ビックリしていました。

コントラバスの思い出もそうですが、
家族団らんのあの実家の雰囲気を思い出します。

今となってわかる、親のありがたみや、親の思いです。
本当に感謝しています。


ちなみに、父母ともまだまだ元気です。




posted by みやかつ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック