2015年04月11日

指揮者の責任は大きいです。

B45FCA25-A741-467C-9522-AEED14DFDAD1.jpg
今日は、千里バロック合奏団の練習、エルガー/弦楽セレナーデ第2楽章の初回でした。
今日の課題は、状況がどうであれ、待ち時間を少なくする事。初回ということもあって、譜読みのあやしいところもありました。いつもなら、パートごとにそういう箇所を取り上げて、組み立ていくのですが、あくまでも合奏の中で直します。そうすることによって、当たり前の事なのですが、自分の耳がサボらずに感度が良くなって、指揮も的確になっていきました。
効果はバツグン。どんどん良くなります。
演奏が良くないと、奏者の所為にしてしまいがちですが、やはり、指揮者の責任は大きいです。猛省です。

合奏団の皆さんは、今日のお昼にお花見コンサートの本番をされてきたとの事。
本当にお疲れのところ、ありがとうございました︎
m(_ _)m


posted by みやかつ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏しました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック