2015年02月28日

指揮の新しいアプローチ 千里バロック合奏団の練習

2F95E17A-1028-4D03-8B0A-40EE6F0B88B9.jpg大げさなタイトルですが、今日の練習は今までにないアプローチでやってみました。
もう既に実践してらっしゃる方もいると思いますが、私にとっては新しい試みです。
どの様な方法かというと、空間に音楽を描いていくのです。そうするとどんな音楽をやっているのか、よく把握できるようになり、出てくる音も変わってきました。
なによりも指揮の師匠である甲斐正雄先生の教えがよく理解できるようになりました。これが正解なのかわかりかねるところはありますが、しばらくはこの方法でやってみようと思います。

今日の練習は、「レスピーギ、リュートための古風な舞曲とアリア 第3番」の2曲目と4曲目。大まかには、上手くいったと思いますが、まだまだ今までの癖が抜けなくて、段取りみたいになってしまいます。
上手くいくと、たまらなくいい音楽が響いてきました。

自在に描ける様に精進します︎

posted by みやかつ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏しました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414826315

この記事へのトラックバック