2007年04月20日

朝比奈隆「この響きの中に」「指揮の仕事」

kono_hibikino_nakani.jpg


「この響きの中に
私の音楽・酒・人生」

朝比奈隆





sikisha_no_shigoto.jpg


「指揮者の仕事 
朝比奈隆の交響楽談」

 朝比奈隆






大阪フィルの創設者のみならず、日本の音楽界をリードしてきたお一人だということがよくわかりました。高貴な文化の香りが漂います。文章のテンポもよく一気に読破。

高校生の頃聴いた、大阪フェスティバルホールでブルックナー9番、チャイコフスキー4番、第九など、よくわからないものの深く感動したことを思い出しながらページをくりました。




posted by みやかつ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだ書籍。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ガーシュウィン:作品集
Excerpt: このCDは、ガーシュインの作品を集めたCDです。この方の代表作である、ラプソディー・イン・ブルーは勿論、ピアノ協奏曲ヘ長調、パリのアメリカ人、キューバ序曲等、この方の様々な作品が収録されています。また..
Weblog: 日本の指揮者の思い入れ
Tracked: 2008-02-15 21:15