2015年05月23日

吹奏楽団のコンサートに行ってきました。

1C3F5200-B612-433A-A074-5CC369D78E23.jpg
405EA9FB-F5D4-4E46-AE09-68AD3B09BA4F.jpg
妻の知人が所属されている、カプリチオ吹奏楽団(http://wo-capriccio.jugem.jp/)第27回定期演奏会に行ってきました。
ホールは兵庫県伊丹アイフォニックホール。以前、よく音楽隊関西管弦楽団の練習で使用していたホールなので、懐かしいです。
ホールに到着すると開場30分前にもかかわらず、入場待ちの長蛇の列が。客席はすぐに満員です。
開演前にウエルカム演奏がありました。クラ四重奏のスーパーマリオメドレー。楽しいコンサートを期待させてくれます。
A6D44150-B929-4B64-8442-2E8EE19EAB6C.jpg

第1部は、コンクールの課題曲など小品を熱演。
第2部は、ミュージカルナンバーやディズニー。お客さんがパーカッションで参加したり、アニーの「Tomorrow 」では団員が合唱し、アニーとその愛犬(着ぐるみ)が出てきたりで、会場と一獅ノ盛り上がりました。
第3部は、レ・ミゼラブルのセレクションで迫力の熱演でした。

この吹奏楽団はコンクールには出場しない楽団です。そのせいか、お客さんには、所謂マニアの方々はあまり見受けられず、家族連れや近所のおじさんおばさんが多い様に思いました。

休日に出かける気軽な楽しいコンサート。いい感じでした。



posted by みやかつ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートに行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

メロ書けました。

FullSizeRender.jpg
ずっと不調だったのですが、ようやくメロディーが書けるようになりました。
ちょっとしたメモみたいなものですが、少しづつリハビリをしていけばいいと思います。
posted by みやかつ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作編曲です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

お陰様で47歳の誕生日を迎える事が出来ました。

F22AAE60-BF63-40C1-871A-E7138960FAD5.jpg
お陰様で47歳の誕生日を迎える事が出来ました。
たくさんの方々からお祝いのメッセージをいただき幸せいっぱいです。
これも一つの区切りですので、初心を忘れずに、これからもしっかり頑張ります。
どうかよろしくお願いいたします。
posted by みやかつ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

甲斐正雄先生ワークショップに参加して

AC8C10F8-36E8-42A8-BB90-18CF79F1A0B7.jpg
今日は、東京で開催されました、甲斐正雄先生ワークショップに参加してきました。
課題の曲目は、私の選曲の"ベートーヴェン交響曲第1番"の第1楽章。私が大阪から参加するのでご配慮いただいたようです。ありがとうございます。と、同時にそれは、ワークショップで私が指揮をするということを意味していました。

演奏は、ワークショップに賛同された奏者の方々で、本日参加されたのは、ヴァイオリン、ヴィオラ、フルート、ファゴット、そしてピアノの皆さんです。

この日を迎えるにあたって、12年前にこの曲を甲斐先生にレッスンしていただいたときの記録映像を何度も観て、自分なりに研究し練習しました。しかし、本日のピアニストの方は、甲斐先生に薫陶をうけられた姉弟子で、指揮した通りに演奏される達人中の達人です。(レッスンの日もこの方に弾いていただいてました。)甲斐先生にレッスンしていただいたのは、最も近くでも6年くらい前になります。年月の隔たりを越えて、果たして上手く出来るのか?この何年かで、本当に成長したのかが試されます。レッスンの時とは違い、他の楽器の方々もいらっしゃるので、実力が白日の下に晒されるのです。(ちなみに、レッスンの時は、甲斐先生とピアニストの姉弟子と私とで3人。)もう今日を迎えるまでの日々は、ベートーヴェン交響曲第1番が夢にまで出てくるくらい、ドキドキものでした。

本日、いよいよワークショップの当日です。姉弟子に、みんなで指揮の基本を教わり(確認して)、いよいよ交響曲第1番の始まりです。さぁ、どうしようか︎ 無心で、また、甲斐先生に教わったように、最後まで通しました。思ったよりも酷くなく、なんとか出来ました。その後、弟子の方々、奏者の皆さんからアドバイスをいただき、課題を明確にしていただきました。その後、もう一度気持ちよく通させていただき、充実した演奏することが出来ました。あー、よかった、ホッとしました。

その後、年末のコンサートに向けての打ち合わせをし、決意を新たにしました。今日は、本当に充実した一日でした。
大阪に帰っても、初心を忘れずに、しっかり頑張ります!
posted by みやかつ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏しました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

指揮の師匠、甲斐正雄先生がよく仰いました「一緒にやりましょう」

6D33A379-1E41-4281-BE6B-68DD57063E3F.jpg
指揮の師匠、甲斐正雄先生がオケの練習の時によくおっしゃいました。「一緒にやりましょう」と。

先ほど、千里バロック合奏団の練習が終わりました。
今日の曲は前回に続き、「エルガー/弦楽セレナーデ/第3楽章」でした。(前回はブログに書けませんでした。m(_ _)m)

オケの練習で、指揮者がよく奏者に言うのが
「指揮を見て」とか「勝手に弾かないで」などなど。しかし、奏者からすると「そんなんじゃ吹けないよ」とか「勝手に振ってる(自分に酔ってる)」などと思っていたりします。

奏者には、「指揮者のやりたいことを、なんとか出来るように努力する。それが自分の仕事だ。」と言う人が多いように思います。
それに比べて、指揮者には「奏者の状態を見極めながら指揮をする。」と言う人には、少ない(まだ会ったことがない)ように思います。

甲斐先生の「一獅ノやりましょう。」は、"指揮者に合わせてください、見てください。" という、一方通行ではなく、双方の立場から、一獅ノやるという意味なのです。

千里バロックの練習を前回今回と、このような姿勢で臨んで、奏者の演奏を見つつ練習を進めていきました。
すると、みるみる良くなっていきます。
この調子で、楽しい練習を重ねて、いい本番を迎えたいと思います。
posted by みやかつ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏しました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする